車売る オークション

オークションでの売却

車を高く売る方法のひとつとして、オークションでの売却という方法もあります。
車や車の売却に詳しい方なら、すでにご存知かもしれませんが、個人向けのオークションに車を出品して、売却をする方法があります。
オークションを見る人は、はじめからその車に興味を持っています。そのことから、すぐに入札されて、高値がつき、高額落札の可能性も高くなります。
ですが、オークションの特有のトラブルが多いのも事実です。車の専門知識も必要になってきますので、安易に手を出すのはトラブルの元となり、素人には敷居の高い売却方法ともいえます。
個人のオークションは、利益率の高い売却方法ですが、とにかくトラブルが多いです。
車をオークションで売却した場合、もっともトラブルとして多いのが、名義変更に関するものです。オークションでの売却は、その後、落札者が名義hン項をおこなわなくてはなりません。
売却をした車を落札者が、自身の名義に名義変更をして利用してくれる分には何の問題もないのですが、なかには名義変更をしないまま乗る人がいます。
このような場合、次の所有者の落札者が交通違反で罰せられたり、事故を起こして警察に出頭するよな事態になった場合、違反金の支払いや、警察への出頭命令は全て名義人である持ち主のところに来るのです。
さらに、自動車税の納税義務に関しても、名義人に発生してしまいます。
また、業務用のオークションもありますが、業務用のオークションの参加には許可や高額な費用が必要になってしまいますので、代行を利用するというかたちになります。
オークションの代行は手数料がかかりますので、高く売却が出来るわけでもありません。手数料分を考えると、中古車買取業者へ売却をした方がよかったなんてこともあり得ます。
このように車の売却は、オークションではなく中古車買取業者への売却が安心で手間もかからず売却をすることが出来ます。


ホーム RSS購読 サイトマップ