車売る キャンセル

車の売却契約後のキャンセルは出来るの?

車の売却を一旦はしたものの、家族に相談をしないまま売ってしまって、キャンセルしたい!など様々な理由で、売却をキャンセルしたい方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、車の売却の契約後のキャンセルは可能なのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

 

一度、契約をして車を売却してしまうと、買取店側は買取り後すぐに販売の準備に取り掛かるので、キャンセルをされると損害を受けることになります。
本来は損害を受けないための契約なので、基本的には契約尾のキャンセルは違反になります。それでも契約を破棄したいのならば、キャンセル料をとられるかたちになります。

 

また車売却の契約後、すでに中古車買取店の手から離れてしまっている場合は、解約不能となります。
車売却の契約後のキャンセルについては、中古車買取店によって取り扱いが異なります。売却の契約後にキャンセルする場合は、契約からの日数で処理の方法が変わってきます。

 

一般的に、中古車買取業者の手元に車がある場合は、無償もしくはキャンセル料を支払うことで車を取り戻すことは可能ですが、買取店からすでに車が離れてしまっている場合は、もうどうすることもできません。
中古車買取店によっては、車がまだ手元にある状態でもキャンセルできない場合があります。

 

売買契約書には、一定期間経過した後のキャンセルについては、契約違反になると記載されていますので、契約後のキャンセルはできないと思って、よくお考えの上、契約をするようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ