車を売るのに必要な書類

車の売却に必要な書類

車を売却する時、必ず必要な書類と場合によっては必要になる書類があります。

 

事前に必要書類を準備しておきましょう。

 

まず「自動車検査証」(車検証)と、「自賠責保険証明書」の2点は必須です。

 

この2点の書類は、常に車に乗せておくことが義務づけられています。

 

それでも満が一、失くしてしまった場合には運輸局や保険会社に再交付の手続きをしなくてはなりません。

 

【普通自動車】

 

前述した2点の他に、普通自動車の場合
自動車納税証明書・リサイクル券(依託済みの場合)・印鑑登録証明書・実印を用意する必要があります。

 

印鑑登録証明書は3ヶ月以内に発行してもらったもの、
自動車納税証明書は車を売却する年に支払ったものが必要です。

 

結婚などで苗字が変わった場合には、戸籍謄本が、
引越しをした場合には、住民票が必要です。複数回引っ越しをしている場合には、住民票か戸籍謄本の除票が必要です。

 

【軽自動車】

 

「自動車納税証明書、リサイクル券(依託済みの場合)」は普通自動車と同じです。それ以外には認印があれば大丈夫で、印鑑登録証明書などを用意する必要はありません。
住所変更、名前の変更があった場合には普通自動車の場合と同じく、住民票や戸籍謄本などの書類が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ