車売る 自動車保険

自動車保険について

車の売却を決意したのでしたら、今まで加入していた自動車保険のことも考えなければなりません。
自動車保険には、大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

 

自賠責保険とは、わかりやすく言うと、「加入しなくてはならない保険」のことをいいます。
すべての自動車(二輪車も含む)と原動付自転車を運転する場合は、必ず加入しなくてはならない保険です。これは、自動車損害賠償保障法という法律で定まっているものです。
自賠責保険に入っていない場合は、厳しい罰則があります。
その一方、任意保険は、加入するかしないかを自由に決めることのできる保険です。ですが、実際のところ、事故を起こして相手に怪我をさせてしまった場合など、自賠責保険だけでは、被害者への賠償金が不足する場合が多いので、一般的に任意保険を加入するのがいわば当たり前となっています。

 

では車を売却する時、保険はどうしたらいいのでしょうか。
まず、加入することが義務付けられている自賠責保険の場合は、有効期限が1か月以上残っているときに車を廃車した場合は、自賠責保険の残存期間に応じて、日割り計算をし返戻金を受け取ることができます。
ですが、車の売却の場合は、返戻金を受け取ることは出来ません。
一方の任意保険の場合は、廃車の場合であっても、売却の場合であっても、保険を解約した場合は残存期間に応じて保険料が返還されます。
もちろん、車の買い替えの場合は、自動車任意保険は解約せずに、契約内容の変更をお願いしましょう。車が変わると保険料が変わることもありますので、早めに加入している保険会社に連絡をしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ