車売る 事故車

事故車の場合

事故車の売却をしたいけど、そもそも事故車の売却は可能なの?こちらで詳しくご説明いたします。

 

事故車には、自動車査定協会、新車ディラー団体の自販車、中古車販売団体中販連が基準としている「査定基準」があります。
たとえば、ラジエータ、フレーム等の9箇所のうち、1つでも交換や修理の必要な場合、「事故車」として判断されます。

 

事故車の場合、最も多いのがフロント部分の破損です。
このフロント部分の破損の多い事故車の場合は、修理をしても採算が取れないと判断されてしまいます。
また、小さな事故だとしても、ドアが破損していたりしている場合は、事故歴を報告することが重要です。
査定士はプロですので、たとえ嘘をついてしまったとしてもすぐに見破ります。きちんと申告をすることが好印象にもつながります。

 

また、たまに駐車場などに事故車がそのままの状態で放置されているのを見かけたりします。たとえ動かなくて、使用できなくなった事故車でもリサイクルや使える部品を利用できる場合があります。
なので、事故車であってもまずは中古車無料一括査定で無料査定をしてもらうことをお勧めします。仮にその事故車が製造中止した車であっても、その部品はある意味重要な部品だったりします。

 

このように、事故車であっても、水没車であっても売却可能なことがありますので、まずは中古車無料一括査定をして買取業者に相談をしましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ