車を売る時のコツ

一括査定の流れ

一括査定の流れと題していますが、非常に簡単に申込みができます。

 

郵便番号を入力し、次のステップで車種情報や個人情報を入力して依頼するだけ!
もちろん無料ですので、非常に手軽なサービスです。

 

複数社の見積り〜査定で、一番高い金額を出してきた所に売る。大変合理的ですね。

査定の前に車検には出した方が良いのか

車検を通してから車を売る方が高く売れる、と思っている方もいらっしゃる様です。
しかし、実際の査定額に車検の残期間が影響する事は殆どありません。

 

買取業者は自身が車検を行う為、費用も安くすみます。
個人が高い費用を払って車検を通すより、業者はかなり安い費用で車検を済ませる事ができるのです。

 

車を売却するに当たり高い費用を払い、売るタイミングも遅らせてまで車検を通すメリットは無いと言えるでしょう。
日数が経てば、車の査定額も下がっていきます。

 

車検を通すよりもむしろ、車の状態を良くする為のメンテナンスをしっかりやっておくべきです。

車を高く売るコツ

一括査定で数社に申込み、実際に査定に来てもらう事になった場合。

 

交渉に入る前に、極力高額査定が出やすい状態にしたいものです。
少しでも高く買い取ってもらう為のポイントを挙げておきます。

とにかくキレイに

あなたから買い取った車が、店舗で販売されているところを想像してみて下さい。
次のオーナーにとっても、当然ながらキレイな車の方が良いですよね。

 

査定の前には洗車は基本。
査定員の印象がそれだけでも変わり、高い査定額がつく可能性が増します。
自宅付近や駐車場で出来ない方は、コイン洗車場を使うと良いでしょう。

 

車内の掃除も抜かりなくやっておきましょう。
天井、シート、ダッシュボード、エアコン、肘掛け、シートベルト、フロアマット。
それぞれよく掃除して、チェックしてみて下さい。

 

【天井の掃除】

 

天井は、タオルやスポンジ等に洗剤を吹きかけて汚れを落としていきます。
汚れた部分を軽く叩く様に落とします。

 

【フロアマットの掃除】

 

フロアマットは埃が溜まりやすく、食べこぼし、泥など汚れがつきやすい場所です。
また、ダニなども発生しやすいので、しっかり洗う様にしたいものです。
一旦外に出してはたいてから掃除をすると、より効果的です。

 

特に汚れがひどい場合は、洗濯洗剤を使います。
濯ぎ洗いの際に柔軟剤を入れて濯ぐと、よりふんわりとした仕上がりになります。

 

洗浄した後は、ダニや悪臭の原因にならない様によく乾燥させる必要があります。

 

【シートの掃除】

 

シートは埃がつきやすい為、軽く掃除機をかけるところから始めます。
目立つ汚れに対しては、タオルやスポンジで軽く叩く様にして落としていきます。

 

綺麗になったら、乾いた布で拭きましょう。

 

ちなみに本革シートの場合、本革専用のクリーニング剤を使用する様にします。本革は大変傷つきやすい為、強く擦ったりするのは禁物です。
縫い目やシートについた折り目部分の汚れには、使い古した歯ブラシを使うのも良い方法です。

 

【ダッシュボードの掃除】

 

ダッシュボードは、乾いたタオルなどに洗剤を吹きかけてから拭くのが良いです。

 

なかなか汚れが落ちないときは、歯ブラシで擦るのが効果的です。
一通り終わったら、水分をよくふき取って艶出し剤を使うとより良いでしょう。

 

【エアコンの掃除】

 

エアコンの吹き出し口は大変細かくなっていますので、麺棒や歯ブラシを使うのがお勧めです。
その後、掃除機で吸い取りましょう。

 

【ドアの腰掛け部分の掃除】

 

ドアの腰掛け部分には、インテリアクリーナーを使うのが有効です。

 

クリーナーを薄めて、汚れの部分にスプレーします。
その後、歯ブラシで擦って落とすのが効果的です。

 

【シートベルトの掃除】

 

シートベルトの掃除にも、薄めたインテリアクリーナーを使うと良いです。
シートベルト全体にスプレーし、まずは汚れを浮かすために何分か時間を置きましょう。

 

数分後に水で絞ったタオルや布で掴みんで、上下に擦ります。
最後に乾いたタオルや布で拭きとります。

消せる程度の浅いキズは消す

小さなキズ、擦りキズ程度なら、市販の研磨剤等で消しておきましょう。

 

但し、板金修理が必要になる位の大きなキズ、凹みなどは修理に出したとしても
修理代が査定額に上乗せされる訳ではありません。

 

そのまま査定に出した方が、結果としてお得になる事が多い様です。
もしキズがある場合は、この点を意識して考慮すべきでしょう。

車内の匂い

車内の匂いも、査定に影響を与える大きな要素です。
タバコやペットや香水の匂い等、極力無くしてから査定に臨みたいものです。

 

カー用品店で手に入る車内専用の消臭グッズ等で、しっかり消臭しておきましょう。

 

天気の良い日には、ドアや窓を全開にして日干しするのもお勧めです。

プラス査定になるオプション、マイナス査定になるオプション

自分でもディーラーでも取り付けができないメーカーオプション(純正品)は
プラス査定になる可能性が高いです。

 

サンルーフ、エアバッグ、電動スライドドア、純正ナビ等。

 

また、自分で取り付けできないディーラーオプションもプラス査定となります。
ナビ、フロアマット、サンバイザー、シートカバー等。

 

逆にマイナス査定になり易い例として、スタッドレスタイヤや行き過ぎたドレスアップ等がありますので、注意が必要です。
マイナスになりそうなオプションは、査定時に「取り外す予定」である事を伝え、車の売却が決まったらオプションは単体で、オークションに出す等した方が良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ