車売る 燃費

車の燃費

車の燃費について簡単にご説明します。
「燃費」、一度は耳にしたことがあると思います。
車の燃費とは、1リットルのガソリンでその車はどのくらいの距離を走ることが出来るのか?ということを数値化したものです。単位はkm/Lと表します。

 

一般的な、普通自動車やミニバンの場合の燃費は、おおよそ7〜10km/Lくらいになります。燃費のいい自動車や軽自動車の場合は10〜15km/Lほどになります。
また、低燃費を売りにしている、ハイブリットカーは、20km/Lを超える場合もあります。
逆に、重い荷物を運ぶ、トラックや自動車の場合は、2〜3km/Lと燃費が悪くなります。

 

当たり前ではありますが、同じ距離を走った場合、燃費の良い自動車の方がガソリン代が安く済むということになりますね。

 

車の燃費というのは、車体の猛者、乗車人数、エンジンの種類、運転方法、空気抵抗、走る環境によって変わります。
燃費の計算方法で「満タン法」という計算方法があります。まず、ガソリンを満タンにします。その時にトリップメーターをゼロにしてください。
そして、次回の給油の時にも7満タンにしてください。その時のトリップメーターの走行距離を給油量で割ったものが、その自動車の燃費になります。

 

また、車のカタログで見たことある方もいると思いますが、「10・15モード燃費」という項目があります。これは、国土交通省の定めた試験の方法で測定された燃費なのです。
日本車でしたら、どこのメーカーも同じように測定しているので、比較をする目安になりますね。
ですが、実際は記載されている燃費よりも悪いことがほとんどです。測定する時は、実際の走行よりも緩やかに運転をして測定をしているので、いい結果が出てしまうというわけです。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ